丸岡 晃嗣

「その人らしく生きる」をサポートする達人

  • 丸岡 晃嗣校長
  • 主な担当科目[介護実習]

私は39歳の時に、母親の疾患がきっかけで京都福祉専門学校に入学しました。
介護の基礎を学校で学び、施設で経験を積み、介護の素晴らしさを味わい現在にいたっています。 日本は今、超高齢社会に突入しています。疾患や障がいを抱えて生活が制限・制約され、自分がしたいことを諦め生活されている方も少なくありません。
介護は、その方の潜在能力に気づき、「生きる喜び」や「生活意欲」引き出すことができることを必要とします。それができるのが介護福祉士だと思います。その方の思いを大切に「その人らしく生きる」をサポ-トし、「生きて来て良かった」と思っていただけるケアができる介護のプロを目指しませんか。
人としての尊厳を重視できる介護福祉士を共に目指して社会福祉に貢献したいと思っています。

藤田佳子

「生きる意欲」「生きる喜び」を人に伝える職業です。

  • 藤田 佳子
  • 主な担当科目[介護過程・介護総合演習・介護実習]

介護福祉士は、人の「生活」を支える大切な役割があります。誰にでも出来る介護ではなく、専門職として専門性を持ち「生活」を支えるのが介護福祉士です。人間の生活の可能性を引き出し、「生きる意欲」「生きる喜び」を人に伝える職業でもあります。あなたなら、どんなふうに伝えますか。介護福祉士はいま必要とされています。

山﨑 ゆかり

「あなたの受けたい介護は?」

  • 山﨑 ゆかり
  • 主な担当科目[生活支援技術・介護実習]

皆さんは、自分が歳をとった時、どのような介護を希望されますか?「あなたの受けたい介護は?」と、在校生に聞いてみました。「空の雲を眺めるのが好きです。体が不自由になっても外に連れ出してほしい」「絵が趣味なので、絵の描ける環境を作ってほしい」いろいろな答えが返ってきました。それぞれの個性を尊重し、その思いに添っていける介護福祉士の養成を目指して、支援していきます。

美谷島 正行

  • 美谷島 正行
  • 主な担当科目[ 介護の基本・生活支援技術・介護実習 ]

人の命を助けるのは医者です。人の命を預かるのは私たち介護福祉士です。
介護は誰にでも出来る仕事ではなく、とても難しく奥の深い仕事です。だからこそ確かな技術が必要になってきます。
確かな技術を身につけ、他人(ひと)から信頼される介護福祉士を目指しませんか。

松永 信也

「福祉の心」を学んでほしい。

  • 松永 信也
  • 主な担当科目[障害の理解A(視覚)]

僕は、目が見えません。僕を通して、見えない世界を感じてください。そして、イメージする力を養ってください。どんな立場の人にも、適切な介護が提供できれば素敵ですよね。一番大切な、福祉の心を学びましょう。

石田 二三代

食生活を営む知識と技術を。

  • 石田 二三代
  • 主な担当科目[生活支援技術D(栄養・調理)]

質の良い仕事(介護)は自身の健康が基本です。栄養の基本や正しい食事のあり方、そして何よりも大切な食生活を営む知識と技術を学びます。「おいしく楽しく食べる」ことが一番。それを提供できる力をつけましょう。

本林 靖久

私たちにとっての幸福を考えよう。

  • 本林 靖久
  • 主な担当科目[環境社会学]

私は「世界一幸福な国」と言われるブータンの人々の環境や文化を研究しています。ブータン人は、世界を“つながり”の中でとらえ、自分だけの幸福を追求していません。私たちにとって幸福とは何か。皆さんも一緒に考えてみませんか。

廣瀬 良子

一人ひとりの学生の個性を大切に育てている養成校です。

  • 廣瀬 良子特講師
  • 主な担当科目[医療的ケア・障害の理解・こころとからだのしくみI・京の文化]

介護福祉士は現在日本で一番必要とされている国家資格の専門職です。高齢者と障害のある方の生活と人生を支える仕事です。 当校は充実した施設と情熱的な教職員が多くの学生とともに学びを深め活気にあふれております。豊かな感性と専門職としての知識と技術を持った卒業生が福祉現場で活躍し高い評価をいただいていることが、大きな喜びです。学校見学においでください。お目にかかるのを楽しみにしております。

  • 学費サポート
  • 文部科学大臣認定 福祉分野.職業実践専門課程認定校
  • 専門実践教育訓練講座 最大学費の60%が支給されます
  • 在校生1日の生活
  • 卒業生1日の生活
  • LINE@ 京都福祉専門学校公式アカウント
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • LINE@
  • 社会人入試応援します