卒業生の一日

特別養護老人ホームに就職して3年目になり、後輩も続々と入ってきました。その中で自分は先輩という立場になり、責任感もより一層増してきました。先輩たちから少しずつではありますが仕事を任されるようになり、1・2年目より成長できたかなと感じています。又知識や技術に関しては、日々勉強の毎日です。わからないことは専門学校時代の教科書を開くこともあります。

今の自分に満足することなく、今以上にいろいろな物を身に付けたいという思いが年数を重ねるごとに強くなってきました。

一日の流れ

am8:30〜 前日の動きをチェック。(ケースを読む)

ケースはすべてPCにて管理されているので、職員全員で利用者さんの状況等が把握できるようになっている。自分の担当しているユニットだけではなく、全体の状況を把握するように心掛ける。

am9:00〜 朝食の後片付け→排泄介助

排泄介助では、その人一人ひとりに合わせた配慮をして、介助を行います。

am10:00〜 喫茶(おやつ)

おやつは、利用者さんの好みを知っている家族が持参している場合もあります。又、オフィスグリコの設置もあるので、好きなおやつを食べてもらえます。食べてもらいながらもコミュニケーションをとることを忘れずに。

am11:00〜12:00 昼食準備→昼食介助

料理は厨房から調理師さんが運んでくれます。利用者さん一人ひとりの禁止食を把握したり、その人にあった食事形態にする為に食べ物を小さく刻むことが介護福祉士の役割です。

pm2:00〜 入浴介助

個浴・リフト浴・寝台浴等様々な浴槽を完備。利用者さんのその日にコンディションに併せて浴槽を選ぶ事もあります。

pm3:30〜 フロア待機

ユニット型の施設なので、利用者さん一人ひとりが個室で生活されています。よりその人らしい生活を送れる事がこの施設の特徴。それでも、フロアに集まって皆とコミュニケーションをとる楽しさも大切なことです。時にはデイサービスの方へ出向き、カラオケ大会やおやつ作り等のレクリエーションを行うこともあります。


卒業生の一日

就職して1年が経ちました。

勤め始めた時は、何もかもが未知の世界でした。初めてお客様(利用者様)の急変に立ち会うことになった時には、自分でもどうしたら良いのかわからず、戸惑うばかりでした。しかし、専門学校で学んだ事を思い出しながら、日々の介護をこなすことで、少しずつ落ち着いて介護できるようになりました。
今年の4月から、客室担当を任される事になりました。お客様一人ひとりにあった介護目標をたて、それを達成できるような取り組みができればと思っています。

いつも私が大切にしていることは、お客様とのコミュニケーションです。業務に追われていても、しっかりとお客様と向き合うことを心掛けています。そうすることで、お客様の笑顔が見られます。その笑顔に力をもらって、毎日頑張っています。

一日の流れ

一日の流れ
  • 学費サポート
  • 文部科学大臣認定 福祉分野.職業実践専門課程認定校
  • 専門実践教育訓練講座 最大学費の60%が支給されます
  • 在校生1日の生活
  • 卒業生1日の生活
  • LINE@ 京都福祉専門学校公式アカウント
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • LINE@
  • 社会人入試応援します