スマイルブログ >学校の様子

2年生 ケーススタディ発表会

お知らせスクールライフ学校の様子実習就職

2019年 1月30日

京都福祉恒例、2年生のケーススタディ発表会が行われました。
ケーススタディとは、一つの事例を取り上げ、その過程を範例研究や社会的背景等と照合しながら自分自身のケースを見直すことで一般法則を見出すもので、代表者6名が発表を行いました。

それぞれのテーマは次の通りです。
1)「記憶に残る笑顔の瞬間」〜『共に+笑顔+思い出』という方程式〜
2)「思いに寄り添うというのは?」〜介護者目線から利用者目線〜
3)「たとえこぼしてでも自分で食べたい」〜M様がスプーンを持って食事ができるまで〜
4)「目が見えへん」と言われるK様 〜”目が見えへん”という合図〜
5)『人生の最後に寄り添う』 〜家族を巻き込んだ「看取りケア」の意義と根拠(かぎ)〜
6)『理想』と『現実』そこから生まれる葛藤 〜息子から貰ったマリーゴールドを育てることで保たれるT様のプライド〜

どれも自身の実習経験や様々な文献をもとによく研究されていて、とても良い発表でした。
生徒たちは、技術も知識も施設で働く先輩と比べればまだまだかもしれませんが、利用者様への思いは強く感じました。
この思いを忘れずに、今後経験を積むことで、きっと素敵な介護福祉士になってくれると信じています。

この発表会の運営を担当したのも2年生でした。
京都福祉ではこうした様々なイベントの運営を生徒たちが担当します。
これも、介護の現場でリーダーとして活躍するための力をつけるための勉強です。

国家試験が終わり、発表会も終わり、あとは卒業式を残すのみ。
2年生の皆さん、お疲れ様でした

投稿日:2019年 1月30日

いよいよ27日は介護福祉士国家試験です!

お知らせスクールライフ学校の様子

2019年 1月25日

 
写真 2 (2019-01-25 16_08_34)

いよいよ1月27日(日)に介護福祉士国家試験が行われます。
この日のためにもう勉強してきた2年生。
いや、みんなが勉強してきたのは試験に受かるためではなく、その先に待っているたくさんの利用者さんの笑顔のためです。

そう思えば、国家試験はあくまでも未来のための通過点。
リラックスして勉強の成果を発揮してきてくださいね!

今日は「おおやけの里」で働いている先輩たちが学校を訪問してくれました。
なんとおおやけの里で働くたくさんの京都福祉の卒業生が、後輩に向けて激励のメッセージを書いてくれたんです。
先輩たちも仕事で忙しい中、本当にありがたいです。

試験日は会場前で先生たちも待っています。
全員受験全員合格を目指して、みんなで頑張りましょう!

投稿日:2019年 1月25日

地域連携サロン「宇治けんこう楽学広場」を行いました

お知らせスクールライフ地域連携学校の様子

2019年 1月12日

毎月第2土曜日に開催している地域れ系サロン「宇治けんこう楽学広場」を行いました。
この日も寒い中、朝からたくさんの方が京都福祉に集まり、健康体操などを楽しみました。

サポートスタッフとして参加した生徒たちは、授業で学んだレクリエーションの手法を使い、参加したみなさんと交流しました。
また今回は「ボッチャ」の体験も行いました。

ボッチャとは、誰もが簡単にできて絶対に楽しいスポーツです。
老若男女問わず、体に不自由があっても楽しめることから、パラリンピックの正式種目にも選ばれています。
みなさん初めての体験でしたが、とても楽しんでいただけた様子で、生徒たちも喜んでいました。

投稿日:2019年 1月12日

聴覚障害の理解(特別授業)

スクールライフ学校の様子授業特別授業障害の理解

2018年 12月13日

障害の理解(聴覚)の授業で、京都府城陽市寺田から京都府聴覚障害センター所長の加藤桂子氏に来校いただき、聴覚障がい者の社会資源についての特別授業を受けました。

・センターでは手話通訳が必要な方の窓口になっていることなど、聴覚言語障害のある方の就労支援を行っています。
・児童とのコミュニケーションの難しさや方法(子供の頃はジェスチャーも言葉を覚えないとできないこと)など、また、同じ障害の子供を持つ親の相談窓口にもなっておられます。
「サンサンカフェ」は子供たちが集える場所でもあり、料理等さまざまな取り組みをし支援されている様子を映像を通して学ぶことができました。

DSCF0224

 

 

投稿日:2018年 12月13日

介護現場で進む外国人の活躍。京都新聞で本校生徒が紹介されました。

お知らせスクールライフ学校の様子

2018年 12月5日

180424- (2) _DSC0150 _DSC0441

12月2日の京都新聞(山城版)朝刊はご覧いただきましたか?
地域面「ともに暮らす〜国を超えて〜」のコーナーにて本校の梁(りょう)さん(2年)が紹介されています。

超高齢社会の日本において2025年には団塊世代の方々が75歳を超え、今後介護の仕事はより一層必要とされますが、現場では人手不足が深刻です。
そんな中で2017年に在留資格「介護」が新設されて以来、養成校や施設では留学生の活躍が目立ってきています。

本校でも留学生の受け入れを行なっていますが、日本語能力検定「N2」以上など入学のハードルが高いため、その数はまだまだ少ないです。
現在在籍している留学生は梁さんただ一人、彼女は中国・マカオ出身で、地元では新聞記者をしていたという才女。日本の福祉分野を取材する中で強く興味が湧き、本校に入学しました。

「技術の高さだけでなく、敬意を持って介護する日本式を、マカオでも広げたい」と話す梁さん。
介護は対人援助職であるため「心」の部分はとても大切本校ではその部分を大切にしています。
とても真面目で誠実な性格の梁さんは日本語はペラペラ。
成績も優秀で、なんと校内トップレベル。クラスメイトをリードしてくれる、お姉さん的存在です。

卒業後には滋賀県での就職が決まった梁さん、あとは国家試験に受かるのみです。

 今後、介護の現場ではますます外国の方と働く機会が増えていきます。
梁さんだけでなく、本校の生徒には共に働く仲間をリードできる存在として頑張って欲しいです!

投稿日:2018年 12月5日

1年生が福祉用具の見学にいきました。

お知らせ学校の様子授業施設見学特別授業

2018年 12月3日

 

1年生が福祉用具の見学で、京都市内のひとまち交流館」に行ってきました。

見学はおよそ2時間。まずは職員の方による丁寧な説明がありました。
様々な用具の説明だけでなく、それをどのように見学するのか、どう考えて見ればいいのかなど、生徒たちは身を乗り出して真剣に話に聞き入りました。

後半はそれぞれが気になる福祉用具を見て回りました。
ここには、市販品だけでなくボランティアの方が作った手作りの用具もあります。
それぞれの用具に、たくさんの工夫や思いやりが詰まっていて、生徒たちは職員の方に質問をしながら見学を行いました。

投稿日:2018年 12月3日

もしもの災害に備えよう!〜災害対策の特別授業〜

お知らせ地域連携学校の様子授業特別授業

2018年 11月28日

_DSC0051 _DSC0052 _DSC0055 _DSC0062

 

いつ何が起きるかわからない時代、平常時から災害対策を備えることが大切です。

【京都府災害派遣福祉チーム】の方を講師に招き、災害対策の特別授業を行いました。
災害が起こった時に、どのような状況になり、何をすべきか、何が必要か…
様々なことについて実例を交えたお話をいただきました。

日頃からの備えが大切とは言え、とっさの災害時にいつも万全の備えがあるとは限りません。
今回は、ゴミ袋でポンチョ、新聞紙でスリッパを作りました。
こうした身近な素材で工夫を凝らすことも大切です。知識も大切な備えですね。

特別講師の堀田先生、ありがとうございました。

投稿日:2018年 11月28日

オープンキャンパス「介護体験」でした

お知らせオープンキャンパス体験入学会学校の様子授業

2018年 11月23日

今回のオープンキャンパスは【介護体験】でした。
体験の担当はなんと校長先生!
じつは校長は今も教壇に立ち、授業を担当している現役教員で、本校の卒業生でもあります。

参加してくださったのは高校生さんで、学生スタッフと一緒に、ゆっくり生活支援技術を体験しました。
学生スタッフの1年生ともたっぷりお話しできたので、学校の雰囲気をわかってもらえたのではないでしょうか?

京都福祉のオープンキャンパスは午後スタートなので、ゆっくり参加できます。
遠方の方もぜひご参加ください。

さて、次回のオープンキャンパスは12月2日(日)13時から。
京の文化で「花育」担当の市田先生と一緒に、きらきら綺麗な「ハーバリウム」を作りましょう!

福祉体験LINE12-2
こちらからお申し込みください(^ ^)

投稿日:2018年 11月23日

2年生がおやつレクリエーションコンテストを行いました

お知らせスクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

2018年 11月22日

福祉施設では、利用者さんが日々楽しく生活をできるように様々な工夫がされています。
中でも「レクリエーション」はとても大切で、簡単な運動やゲームだけに止まらず、幅広い企画が大切で、そういうことを考えて実行するのも介護福祉士の仕事です。

今回は2年生が【おやつレクリエーション】として、4つの班に分かれて施設で楽しめるおやつ作りを行いました。
飲み込みやすいように、栄養を取れるように、便秘解消に…、また職員と利用者さんが一緒に作って楽しめるようになど、生徒たちはそれぞれ多角的に考えておやつを開発しました。

できあがったのは、「カフェオレケーキ」「フルーツバーガー」「ジュエリーパフェ」「柿ようかんでたべてな。お腹も心もよろこブッセ」の4作品。
今回は教職員や1年生、偶然来校していた地域の方にも参加していただき、コンテストを行いました。

どれも美味しくて審査は難航しましたが・・・優勝は「柿ようかんでたべてな。お腹も心もよろこブッセ」でした。
医者いらずとも言われる柿を取り入れた季節感のある柿ようかん、ふわふわで美味しいクリームチーズ柿ブッセはどちらも美味しくて、見事に優勝となりました。

優勝作品は後日レシピを発表し、施設の方に利用していただければと考えています。

投稿日:2018年 11月22日

Welカムfare の募金を寄付してきました。

お知らせスクールライフ地域連携学校の様子

2018年 11月16日

IMG_3546

先日行なった「Welカムfare」にて参加者の皆様からお預かりした大切な募金を、11月15日に宇治市役所まで届けてきました。

実行委員長の石野さん(2年)と校長によって手渡されたのは、祭りでの募金等で集めた35,000円。
日本赤十字社を通して、2箇所の被災地に寄付しました。

ご協力をいただいた皆様の心よりの優しさ、ありがとうございました。
Scannable の文書 (2018-11-16 9_26_48) IMG_7434

投稿日:2018年 11月16日

1 / 912345...最後 »
  • 学費サポート
  • ショートオーキャン
  • 文部科学大臣認定 福祉分野.職業実践専門課程認定校
  • LINE@ 京都福祉専門学校公式アカウント
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 学校見学
  • 留学生募集