学校の様子

〜京の文化〜 祇園で礼節を学びました

2019年 4月24日お知らせスクールライフ学校の様子授業特別授業

京都福祉専門学校の独自授業「京の文化」で、お出かけ授業が行われました。

今回は伝統の街”祇園”にて、京の礼節について学びました。
おもてなしの心や、ひとつ一つの作法とその理由など、若い生徒たちにとっては知らないことだらけでしたが、先生の言葉を注意深く聞きました。

こういった礼節や教養を多く蓄えていくことが、良い介護に繋がるというのが京都福祉の考え方。
慣れない正座に苦戦しつつも、生徒たちは一生懸命に授業を受けました。

1年生、学校生活を楽しんでいるようです

2019年 4月21日スクールライフ学校の様子生活支援技術

授業が始まって2週間、1年生は少しずつ学校に慣れてきているようです。
先週は健康診断や色々な授業がありました。

生活支援技術(被服)では、「シミ抜き」について学びました。
洋服にちょっとしたシミをつけてしまうことってありますよね。
今回はシミの種類別のシミ抜き方法を学びました。

生徒のみんなはシミ抜きなんてしたことがない!と言うことで苦戦していましたが、上手にシミ抜きができると、嬉しそうにしていました。
介護の現場だけでなく、日常生活でも役立つことなので、良い勉強になりましたね。


安心して学べる京都福祉、だから退学率0%

2019年 4月10日オープンキャンパスお知らせ学校の様子


今回は自慢させてください!
2018年度の京都福祉専門学校は、なんと・・・
退学率0%でした
つまり、退学者が1名もいなかったんです。

日頃から生徒の様子に目を配り、授業外でも親身なサポートを行っている京都福祉だからこそです。

改めて、私たちは約束します。
京都福祉専門学校は、生徒一人ひとりに寄り添う親身な教育で、夢の実現をサポートします。
誰ひとり諦めないから、国家試験も全員受験です。
 
 
また最近問題になっている留学生問題についても、全員受験・全員合格を目指す京都福祉では、日本人生徒と同じ教室で日本語の授業を問題なく受講できる生徒のみに受験資格を与えています。定員に対する留学生受け入れ上限は25%です。

「安心して学べる」これが京都福祉専門学校の最大の魅力です。
ぜひオープンキャンパスに参加して、生徒たちと話してみてください。

お申し込みはこちらです。

介護福祉士国家試験結果発表。1年生も模擬試験に挑戦しました

2019年 3月29日お知らせスクールライフ学校の様子就職

IMG_8743
介護福祉国家試験の結果が27日に発表されました。

【全員受験】にこだわる京都福祉専門学校。

見事に全員合格
とはなりませんでしたが、落ちた生徒もあとほんの一歩。
この悔しさは来年の試験で晴らしましょう。

 

卒業生からも嬉しい知らせが届きました。
昨年度の試験に不合格だった卒業生1名が、見事合格しました。

仕事をしながらの勉強は大変だったでしょうが、試験前には学校を訪れて先生に質問をするなど、積極的な姿勢が結果に繋がりました。

29日にはその結果発表受けて、卒業した2年生が学校に集まって報告を行いました。
みんな合格おめでとう

また、介護福祉士の登録についてなどの説明も行われました。
ちゃんと登録をしないと、職場で資格手当がもらえない可能性もあるので気をつけましょう。

いよいよ来週からは社会人1年生で、介護福祉士1年生です。
介護福祉士として、笑顔を忘れずに利用者さんの生活を支えていってくださいね。

 

そして27日には、新2年生が早くも国家試験の模擬試験に挑みました。
手応えのほどはひとそれぞれですが、4月からは先輩として1年生のお手本になります。
頑張りましょう

卒業証書授与式を行いました

2019年 3月15日お知らせ学校の様子

卒業おめでとう

3月15日に平成30年度卒業証書授与式を行い、今年も多くの生徒たちが巣立っていきました。
高校卒業後すぐ入学した生徒だけでなく、社会人経験を経た生徒や留学生、大学生からの入学など、多様な生徒たちでしたが、同じ目標の下、励まし合い、学び合いながらこの日を迎えました。

この先更に高齢化が進む日本社会で、介護の世界をリードしていくことが期待される卒業生たちは、晴れやかな表情で学び舎を後にしました。
4月からはそれぞれの職場で多くの人たちの幸せな生活を支えていってくれることと思います。

この日までお世話になったすべての皆様に感謝します。
みなさま誠にありがとうございました。

AO入学前教育 最終回

2019年 3月9日お知らせ入試学校の様子実習授業

12月から行っていたAO入学前教育もいよいよ今回が最終日。
今回は丸岡校長が授業を担当し、ベッドメイキングについて学びました。

手順を覚えるだけでも大変でしたが、みんな苦戦しつつもなんとかついてきてくれました。
利用者様が少しでも快適に、気持ちよく暮らせるように。
ベッドメイクの仕方だけでなく、片付け方や置き方など、何もかもに使う人への心配りが込められていて、入学後はそういった点も大切にしてほしいです。

みんなすっかり学校になれてきた様子で、こういったところもAO入試が選ばれる理由のひとつなんですね。
この後、4月4日には新入生ガイダンス、4月5日には入学式を行います。

つぎも元気な笑顔で登校してくださいね!
 
  
−−−−−−−−−−−−−−−−−
2019年度入学生の 入学願書受付はまだ行っております。
興味をお持ちの方は、急いで平日の個別相談にお越しください。
お申込みはこちらです。

おかえり1年生!施設実習の報告会を行いました。

2019年 3月6日お知らせスクールライフ学校の様子実習

1年生が約1ヶ月の施設実習を終えて、学校に戻ってきました。
施設実習の総仕上げとして行うイベントが「実習報告会」。

このイベントでは生徒それぞれが自らの実習について報告します。
クラスメイトと学びを共有することで、より多くのことを学び、次の学習に対する意欲を燃やします。

どの生徒も様々な人の助けを得ながら、利用者様の情報収集して計画立案、計画を実行して、計画を調整し、再実行。
それぞれに悩み、考え、多くのことを学び取り、ひと回り大きく成長した様子です。

報告会には2年生も数名参加して後輩の報告を聞きました。
少しでも後輩の力になれるようにと鋭い指摘やアドバイスを送ってくれる姿は、さすが2年生だけあって頼もしかったです。

1年生は、もうすぐ後輩が入学してきます。
今日の様子を見て、きっと良い先輩になってくれると確信できました。
2年生になっても頑張っていきましょう!

2年生 ケーススタディ発表会

2019年 1月30日お知らせスクールライフ学校の様子実習就職

京都福祉恒例、2年生のケーススタディ発表会が行われました。
ケーススタディとは、一つの事例を取り上げ、その過程を範例研究や社会的背景等と照合しながら自分自身のケースを見直すことで一般法則を見出すもので、代表者6名が発表を行いました。

それぞれのテーマは次の通りです。
1)「記憶に残る笑顔の瞬間」〜『共に+笑顔+思い出』という方程式〜
2)「思いに寄り添うというのは?」〜介護者目線から利用者目線〜
3)「たとえこぼしてでも自分で食べたい」〜M様がスプーンを持って食事ができるまで〜
4)「目が見えへん」と言われるK様 〜"目が見えへん"という合図〜
5)『人生の最後に寄り添う』 〜家族を巻き込んだ「看取りケア」の意義と根拠(かぎ)〜
6)『理想』と『現実』そこから生まれる葛藤 〜息子から貰ったマリーゴールドを育てることで保たれるT様のプライド〜

どれも自身の実習経験や様々な文献をもとによく研究されていて、とても良い発表でした。
生徒たちは、技術も知識も施設で働く先輩と比べればまだまだかもしれませんが、利用者様への思いは強く感じました。
この思いを忘れずに、今後経験を積むことで、きっと素敵な介護福祉士になってくれると信じています。

この発表会の運営を担当したのも2年生でした。
京都福祉ではこうした様々なイベントの運営を生徒たちが担当します。
これも、介護の現場でリーダーとして活躍するための力をつけるための勉強です。

国家試験が終わり、発表会も終わり、あとは卒業式を残すのみ。
2年生の皆さん、お疲れ様でした

いよいよ27日は介護福祉士国家試験です!

2019年 1月25日お知らせスクールライフ学校の様子

 
写真 2 (2019-01-25 16_08_34)

いよいよ1月27日(日)に介護福祉士国家試験が行われます。
この日のためにもう勉強してきた2年生。
いや、みんなが勉強してきたのは試験に受かるためではなく、その先に待っているたくさんの利用者さんの笑顔のためです。

そう思えば、国家試験はあくまでも未来のための通過点。
リラックスして勉強の成果を発揮してきてくださいね!

今日は「おおやけの里」で働いている先輩たちが学校を訪問してくれました。
なんとおおやけの里で働くたくさんの京都福祉の卒業生が、後輩に向けて激励のメッセージを書いてくれたんです。
先輩たちも仕事で忙しい中、本当にありがたいです。

試験日は会場前で先生たちも待っています。
全員受験全員合格を目指して、みんなで頑張りましょう!

地域連携サロン「宇治けんこう楽学広場」を行いました

2019年 1月12日お知らせスクールライフ地域連携学校の様子

毎月第2土曜日に開催している地域れ系サロン「宇治けんこう楽学広場」を行いました。
この日も寒い中、朝からたくさんの方が京都福祉に集まり、健康体操などを楽しみました。

サポートスタッフとして参加した生徒たちは、授業で学んだレクリエーションの手法を使い、参加したみなさんと交流しました。
また今回は「ボッチャ」の体験も行いました。

ボッチャとは、誰もが簡単にできて絶対に楽しいスポーツです。
老若男女問わず、体に不自由があっても楽しめることから、パラリンピックの正式種目にも選ばれています。
みなさん初めての体験でしたが、とても楽しんでいただけた様子で、生徒たちも喜んでいました。