スマイルブログ >認知症の理解

認知症介護専門研修の実施

お知らせスクールライフ学校の様子就職認知症の理解

2017年 1月16日

本日、介護老人保健施設 おおやけの里 主催の「認知症介護専門研修」が辻 智典先生の講演で実施されました。
時間は18:00~20:00  今回が第6回目の開催となり目的は次の通りです。
①認知症について広く学ぶことで、それぞれの立場で質の高い実践につなげる。
②事業所で働く介護職員、学生が意見交換する中で、認知症についてより深く学ぶ。

181314 0008 0009 0016 0020 0021 181251

認知症に力を入れている京都で、現場で活躍されている職員さんと本校の学生数名が参加し、専門的な研修が行われています。
辻先生は認知症についてのスペシャリストで、本校の非常勤講師の中でも超人気の先生です。

投稿日:2017年 1月16日

認知症の理解

認知症の理解障害の理解

2015年 11月5日

11月5日(木)認知症の理解
1年生の認知症の理解は一般社団法人愛生会 介護老人保健施設おおやけの里 介護士長の辻智典先生が今年から担当されています。

2015-11-05 13.33.36

2015年現在、戦後生まれの団塊の世代が65歳、10年後には75歳になられ、この10年間で独居高齢者と認知症高齢者が倍増すると言われています。このような社会でこそ、介護福祉士は高齢者の日常生活を支援する関わりを通じて認知症を防ぎ、症状を改善する役割が求められます。

2015-11-05 14.02.01 2015-11-05 14.01.29

辻先生は言葉や数字では理論づけしづらい「暗黙知」と容易な「形式知」の2つの知識を挙げ、日常支援から利用者さんの少しの異変から大きな病気を見抜く介護福祉士や、号泣するご子息の剥離骨折を育児経験から気が付かれた奥様を例に「暗黙知」をわかりやすく説明されました。認知症ケアには治療だけでなく介護福祉士としての理論づけられた基礎知識の上に「暗黙知」を積み上げる事の大切さを授業で講義されていました。

投稿日:2015年 11月5日

  • 学費サポート
  • 文部科学大臣認定 福祉分野.職業実践専門課程認定校
  • 専門実践教育訓練講座 最大学費の60%が支給されます
  • 在校生1日の生活
  • 卒業生1日の生活
  • LINE@ 京都福祉専門学校公式アカウント
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 社会人入試応援します