スマイルブログ >生活支援技術

生活支援技術~食事介助~

生活支援技術

2017年 7月10日

1年生の生活支援技術~食事介助~です。
授業の初めには、利用者の方が誤嚥しないようにとろみを付けた飲み物や、食事から栄養が取りづらい方の為の高カロリードリンク等の介護食を実際に飲んでみました。
普段何不自由なく飲食ができる私たちにとっては、逆に飲みにくかったり、「美味しくない」と感じてしまうかもしれません。
しかし、利用者の方はそうは言っていられません。
食事は生命維持に繋がる大切なもので、必要不可欠なのです。
利用者の方の気持ちになって介助することを学ぶ為に様々な介護食を実際に食べてみました。
DSC_0815 DSC_0804 DSC_0787 DSC_0784

 

ドラックストア等で簡単に購入できるものから、病院等で処方してもらわないといけないものまで様々ですが、今回は 様々な介護食やゼリーのサンプルを頂くことが出来たので、学生達もよりリアルに体験をすることができました。
宮源のドリンクゼリーは緑茶の味がしっかりします。お茶にとろみ材をいれたものよりも随分美味しく食べやすくなっていました。
DSC_0782 DSC_0887     

ケアミール株式会社さんからは、ムース食のサンプルを頂きました。
1皿に9種類のムース食が少しずつ入っています。
うなぎ・卵焼き・うぐいす豆・ぎょうざ・焼き肉・ポテトサラダ・カボチャ・鯛・焼き鳥。
どれもしっかり味が付いています。
宮源のお粥と一緒に頂きます。
DSC_0904 DSC_0910 DSC_0932 DSC_0927

いよいよ、事例に基づいて実際に食事介助の方法を学びます。
食べ物が気管に入らないような体勢がとれるよう、ベッドの調整をします。
褥瘡(じょくそう)にならないように背抜きをして、お茶や食べ物で衣服が濡れる事が無いようにタオルをかけます。
準備ができたら、まずはお茶から。
吸い飲みは上の穴を指でふさぎ、お茶が出過ぎない用に注意しながら飲んでもらいます。
ムース食はそれぞれの味を説明し、食べる順番も選んでもらいます。
少しずつ口に運び、食べるペースも利用者さんに合わせなければいけません。
学生全員が、利用者役と介護者役の両方を経験することで、食事介助の難しさがわかります。

これからも、日々介護食の進化が期待されています。
身体が不自由になっても、美味しいと思って食事をすることは大切ですよね!
こうして学んだ介助方法を、現場で活かして欲しいです。

投稿日:2017年 7月10日

生活の中のレクリエーション

生活支援技術

2017年 6月28日

 生活支援技術Cの授業で、生活の中のレクリエーションについて学びました。
 生活の中のレクリエーションとは、生活そのものの中にレクリエーションを見いだす「生活のレクリエーション化」と、その方の趣味にかかわる活動を通して、生きがいを見い出そうとする「レクリエーションの生活化」という2つの考え方があります。
 ただ単にレクリエーション活動を楽しんでいただくだけではなく、レクリエーションを通して生きる喜びを知っていただくことや、介護予防につなげていくことも考えなくてはいけません。

 今回の授業では、重度の認知症を患っておられる利用者さんを想定し、グループでその方の為のレクリエーションを計画し、発表してもらいました。ちぎり絵を作るレク、音楽を聴きに行くレク等、様々なレクリエーションの発表に耳を傾け、それぞれ疑問に思ったことは質問します。質問を受けて初めて発表者が気づく改善点もあれば、逆に質問の答えを聞いて質問した側の学びが深まることもあります。
 施設で暮らしておられる利用者さんにとって、レクリエーションとは非常に大切な事なので、卒業後施設で勤務する際には、この学びを活かしてもらえたらと思います。

DSC_0722 DSC_0735 DSC_0742DSC_0747DSC_0760DSC_0758 

 

 

投稿日:2017年 6月28日

寝たままの洗髪

介護技術生活支援技術

2017年 5月31日

2年生の生活支援技術です。
在宅におれらる利用者さんの中には、浴室までの移動が難しく、自ら洗髪を行えない方もいらっしゃいます。しかし、洗髪をしないままでいると、痒みや頭皮のただれ、においの原因になります。そのような事がないように、頭皮・毛髪を清潔に保つ為に、利用者さんがベッドに寝たままの状態で行える洗髪の方法について学びました。

在宅の場合、身近にある物を使ってケリーパッドも作ります。
DSC_0492DSC_0494DSC_0501
 バスタオル、洗濯ばさみ、輪ゴム、ゴミ袋、バケツ、お湯、ビニールシート、洗髪用具を用意し、お湯の流れ道を作る工夫をすればベッドの上でも洗髪は可能になります。
DSC_0513DSC_0533DSC_0536

寝具や衣服を濡らしてしまうことがないように注意しながら洗髪します。
爪が伸びていると皮膚に傷を付けてしまうので、そこも要注意!
なかなか人の頭を洗う機会がないので、ちゃんと洗えているか、すすげているか何度も確認しながら行っていました。
実際に学生同士で行い、洗ってもらう方も体験することで、利用者さんの気持ちもわかりますね!
2年生の生活支援技術は終盤に近づきつつあるので、どんどん高度なものになりますが頑張って欲しいです!

 

投稿日:2017年 5月31日

生活支援技術(車いす)

スクールライフ生活支援技術

2017年 4月28日

今日の1年生は、車いすについて学習しました。
車いすは、押すだけの単純な介助ではなく、専門職になるためには車いすについて詳しくなる必要があります。
車いすの構造や安全を考えた点検の方法の講義を受け、ボディメカニクスを使った車いすの開き方や閉じ方からやってみました。
DSC_0126DSC_0132DSC_0148DSC_0174
 DSC_0140  DSC_0160

演習では、移動介助者と車いす利用者の両方の経験をします。
車いすのいろいろな構造を理解し、先生が作った段差を越え、狭い路地も移動します。
また、坂道を上り下りと緊張しながら、一生懸命に練習をしました。
車いすの移動介助が安全にできることを目標にして、一つひとつ大切な学びであると理解した授業でした。

投稿日:2017年 4月28日

生活支援技術(被服)

スクールライフ生活支援技術

2017年 4月27日

 生活支援技術では、被服についても学びます。
介護福祉士は生活全てを支援する役割を担います。

例えば、施設等で洗濯をする時には洋服の裏についている表示を見て、洗濯の方法も考えなければいけません。表示方法も近年改正があり、新しい記号等についても学びました。

DSC_0108DSC_0095DSC_0150 DSC_0167 DSC_0159DSC_0105

また、利用者の方のボタンが外れたり、裾がほつれたりしたらなおさなければいけません。
今まで出来なかったボタン付けが出来た瞬間に、
「ボタン付け出来るようになった!!!」と喜びの声を上げている学生もいました。

授業回数は8回と少ないですが、被服の基礎を学び、授業の後半では自分でエプロンを縫う所まで頑張ってもらいます。

投稿日:2017年 4月27日

生活支援技術~感染予防~

介護技術授業生活支援技術

2017年 4月21日

高齢者施設は、感染症に対する抵抗力が弱い利用者が、集団で生活する場です。
この為、感染が広がりやすい事を認識し、感染の被害を最小限にしなければいけません。
暑い夏には食中毒がおこりやすかったり、寒くて乾燥しやすい冬にはインフルエンザが流行したりとその季節によって環境の整え方が変わります。

【感染予防の3原則】とは
①感染源を持ち込まない ②感染源を持ち出さない ③感染源を拡げない です。
そのためには、手洗い、うがいの励行・環境清掃が重要になります。

DSC_0107

まずは手洗い。
ウィルスや菌に感染しておこる「接触感染」を防ぐためには手洗いが重要になります。
石けんを使って、丁寧に時間をかけて洗います。
指の間やしわに洗い残しがあると、病原体をばらまくことにもなります。
チェッカーを使って確認すると、よくわかります。
DSC_0097DSC_0099

次にガウンテクニックです。
感染症の症状がある利用者さんからの感染を守る為に、介護者がガウンを着ます。
手袋や帽子、マスクを先に装着して、その後にガウンを着て紐を結びます。
この時に表面に触れてはいけません。
DSC_0090

利用者の方も介護する側も注意をし、感染症を拡げない対策が必要ですね。

 

投稿日:2017年 4月21日

1年生 生活支援技術

介護技術実習授業生活支援技術

2017年 4月14日

本日は1年生の生活支援技術

「今日は初めての生活支援技術の演習授業!!

先生の話をよ~く聞いて、ベッドメイキングの技術を身につけるぞ~!!」

0078 00790083  0084

0077

「あれ?さっき先生に教わったばっかりなのに上手く出来ない(・.・;)こりゃ大変だ~!!!
「こうやるんだっけ?」「こっちじゃなかった?」皆で確かめながら頑張ったけど・・・
やっぱり難しい\(-o-)/」

グループ内でコミュニケーションを取りながら、考えて、授業に臨みました。

投稿日:2017年 4月14日

介護総合演習事例発表・実技試験の練習

介護技術実習授業生活支援技術

2017年 1月18日

2年生 介護総合演習の事例発表を行いました。

 事例研究として7グル-プがディスカッションを行い、各グル-プごとに発表です。
緊張感の中での発表は個々の自信にも繋がります。一人ひとりが真剣に考え、議論し、共通の課題を発見する。
発表後は教員による順位付けも行います。

0734 0733 0731 0729

  

 

1年生 介護実技試験の練習を行っています。

 こちらも各ベッドごとに分かれ、それぞれの課題・テ-マを自分たちで考え利用者役と介護役を交互に練習します。
介護する。介護を受ける。双方の体験をすることにより互いの気持ちが分かります。

0741 0749 0747 0746 0744 0742

投稿日:2017年 1月18日

生活支援技術~調理実習~

生活支援技術

2017年 1月12日

本日2限目に生活支援技術(調理実習)を行っています。
高齢者に食べやすい食事、栄養のバランスも考えて調理します。

 〈本日の献立〉

  1. しめじご飯

  2. 茶碗蒸し

  3. さつま芋のレモン煮

  4. 菊菜のごま和え

 115221

115216

115316

115249

115348

 

 

投稿日:2017年 1月12日

生活支援技術~罨法~

スクールライフ生活支援技術

2016年 5月24日

生活支援技術(罨法)、2年生の授業風景です
罨法(あんぽう)とは、痛みなどの症状を軽減させるために、患部を温めたり冷やしたりする療法の事を言います。
温罨法では湯たんぽ、冷罨法では氷のう、氷枕の使い方を学びました。
普段、自宅では使うことがなくなってきた湯たんぽや氷枕の扱いに学生達もアタフタ
一つひとつ使い方や注意点を教わり、現場で利用者さんが安心して過ごしてもらえるための介護の方法を身につけます

 

DSC_0013
DSC_0029DSC_0021DSC_0042

 

 

投稿日:2016年 5月24日

1 / 612345...最後 »
  • 学費サポート
  • 文部科学大臣認定 福祉分野.職業実践専門課程認定校
  • 専門実践教育訓練講座 最大学費の60%が支給されます
  • 在校生1日の生活
  • 卒業生1日の生活
  • LINE@ 京都福祉専門学校公式アカウント
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 社会人入試応援します