生活支援技術

生活支援技術 前期実技試験!

2021年 7月13日お知らせスクールライフ学校の様子授業生活支援技術

教科:生活支援技術A 「前期実技試験を実施」

 今日は生活支援技術実技試験でした。
緊張の中にも、どこか自信ありげに前期授業で学んだ技術を7分間に託しました。
 1年生は日々、朝夕の練習に励み、また、校内のいくつかの場所で一人練習をしたりと頑張っていました。
コミュニケーション(声掛け)も良く出来ていましたよ

1年生の皆さんお疲れさまでした。この調子で後期もがんばりましょう!

 さあ、明日は2年生の実技試験です。
ワンランク上のレベルを見せてくださいね。~プレッシャーかな?(笑)

障害の理解C(視覚障害)

2021年 7月1日スクールライフ学校の様子授業生活支援技術

  教科:障害の理解C(視覚障害)

 交通事故で視力を失った講師の前田眞理先生と盲導犬のペリーくん来校


前田先生は87才になる母親と盲導犬ペリーと暮らされている。
後天性の視覚障害で、毎日の暮らしが大変になるというお話しから始まりました。
 失明でいろんなものが消えていった!その時、盲導犬や白杖を想い出し、兄が京都ライトハウス(視覚障害者が訓練できる施設)の存在を探してくれて、すぐに近くにある寮に入った。ゼロからのスタートとしてやっていこうと決意した。
今から20年前のことであった。
 盲導犬は全国で861頭が活躍している。イギリスや韓国、中国でも活躍している。
犬種は主にラブラドールレトリーバ、ゴールデンレトリーバ、エフワン(ハーフ)である。人が好きで健康な犬、一年間はパピーウォーカーとして生活します。社会化するためのラブ(愛情)を持って育てられている。人間を信じている。足やしっぽを踏まれても鳴いたり怒ったりはしませんが、度重なると嫌になることでしょう。
だから周りの人が注意することが大切です。また、褒めながら楽しくすることが大切で、遊びの中でいろんなことを覚えていきます。



 家ではペリーと一緒に遊んでいますが、一旦、ハーネスを着ければ仕事モードになります。だから、勝手に食べ物を与えたり、触ったりしないでください。モードの切り替えが分からなくなると危険です。駅のホームから転落するというような事故に繋がります。盲導犬に出会ったときは、犬には無視して欲しい。でも利用者には声掛けをいただけると嬉しいです。

毎朝、日の出と共にペリーと散歩に行きます。自然の空気、鳥の声、田んぼからのカエルの声を聞いた時、「生きているのだなぁ」と感じます。ペリーは掛け替えのないパートナーです。
ですから、皆さんにお願いがあります。
電車やバスの中で足やしっぽを踏まれないよう注意、空いている座席があれば勇気をもって誘導して欲しいです。盲導犬は色別できないので、信号機の色は分かりません。一緒に横断歩道を渡りましょうか、今、信号が赤なので待ってくださいね。と声掛けをして欲しいです。
 そうすれば心から笑顔になれます。
                     (マリーとペリー より)

生活支援技術~ガウンテクニック~

2021年 6月23日スクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

2年生の生活支援技術
感染症対策として、「ガウン・マスク・手袋」の着脱手順を教わりました。

ウイルス・細菌・真菌などの微生物がヒトに侵入、増殖して様々な症状を引き起こします。どのようにして感染を防ぐのか。
基本的には①感染源の排除 ②感染経路の遮断 ③人間の抵抗力の向上が大切ですが、今日は介護福祉士として、ガウン・マスク・手袋の装着方法と脱着方法を習いました。
 ①手洗い、手指消毒 ②適切な個人用感染防護具の使用 ③着替えやエプロン・ガウンの適切な着脱、汚染物の処理方法を実施。
そして何よりも介護福祉士・管理者・医師・看護職員などの情報共有が大切になってきます。

生活支援技術

2021年 6月22日スクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

生活支援技術~着脱介助~

本日は、着脱介助のなかでも、下肢(ズボン)の着衣介助について学びました。手順の説明を聞いた後、仲間同士で確認しながら実習に取り組みました。
 生徒同士で実習を行う中で疑問に感じたことは、その場で担当教員に確認を行い、確実な知識や技術を身に付けました。
 今回のテーマは、下肢(ズボン)の着衣でしたが、確実に身に付けたのちに、前回の授業で学んだ上衣の復習・確認を行いながら、着衣の介助をより確かなものにしました。  

 

 

生活支援技術A

2021年 5月28日スクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

1年生 生活支援技術A

”座位姿勢から立ち上がり、杖を使って歩行介助し着座していただく介助”

 

真新しい実習着でみんな頑張っています!

良いお天気!1年生は車イスの実習です

2021年 4月23日オープンキャンパスお知らせ生活支援技術

1年生「生活支援技術」の授業で、車イスの実習を行いました。
実習室で練習した後は、中庭でスロープや段差の練習。
お天気も良く、みんな楽しそうに練習をしていました。

声かけや体の使い方など、気遣いするところはたくさんありますが、生徒たちは一生懸命にメモを取り、積極的に練習していました。

生活支援技術A

2021年 4月16日スクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

1年生 生活支援技術A授業

新入生 実習授業です。
介護ベッド説明 ~ シーツの敷き方

     

新型コロナウイルス)緊急事態宣言への対応について

2021年 1月13日オープンキャンパスお知らせスクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

本日、新型コロナウイルスによる緊急事態宣言が、京都・大阪・兵庫を含む7府県に発出されました。
この件に関して本校では、下記の対応とさせていただきます。

◆本校生徒のみなさまへ
詳細はこちらをご覧ください。
▶︎ 緊急事態宣言への対応について(生徒・保護者向け)

◆入学予定者のみなさまへ
・1月開催予定の「AO入学前教育」を開催中止とします。
2月以降の開催については、決定次第お知らせします。

◆入学希望者のみなさまへ
・1/24に開催予定のオープンキャンパスを個別相談形式に変更します。
 その後の日程は決定次第お知らせします。
 ▶︎ 10時〜15時までの間で、ご希望の時間を本校公式LINEまでお知らせください。
  LINEでの個別相談も可能です。
 ▶︎平日の個別相談は引き続き対応します。LINEにてお名前と希望日時をお知らせください。

▶︎京都福祉専門学校公式LINEはこちら

生活支援技術

2020年 11月26日スクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

生活支援技術 1・2年合同授業

 今日は1年生・2年生の合同授業をしました。
    内容は『ベッドメイキング』です。
       密を避けるために2班に分けて実施

 この技術は1年生の最初の授業で習得する技術です。演習の授業では、1年生も2年生も毎回ベッドメイキングをしますが、〝本当にこの手順で合ってるのかな〟〝しわがたくさん出来て、うまくシーツが張れない〟〝この体の使い方でいいのかな〟という1年生に、2年生が『ベッドメイキング』の手順や方法を伝えました。1年生は2年生にわからない事を質問しながら、自分たちの課題を解決しようと一生懸命に練習しました。授業の終わりには、2年生が「上手!」「きれい!」との声が。2年生も、この日のためにいっぱい練習をして、少しでも1年生に伝わるようにと、写真入りマニュアル冊子を作成し、準備をしてきました。

その成果が出ましたね。1年生も先輩との授業で緊張もありましが、よく頑張りました。

今日この経験を2年生は現場で、1年生は未来の後輩のために、生かしていきましょう。

調理実習と花育の授業

2020年 10月22日お知らせ学校の様子授業生活支援技術

1年生の本日は生活支援技術(調理)や京の文化(花育)などの授業が行われました。
調理実習では、様々なおかゆを食べ比べました。

もっとも潰したおかゆはもはやノリ状で、生徒たちも渋い顔でしたが、介護職としてこういった経験はとても大切。相手の立場に立った介護をするために、貴重な経験ができました。

生徒に人気の花育では、今回もかわいい花飾りを作りました。
お花の力で笑顔満開の生徒たちは、それぞれに可愛くお花を飾っていました