スマイルブログ

視覚障害についての学び

2022年 6月6日オープンキャンパスお知らせスクールライフ障害の理解

1年生が先週、視覚障害について学びました。
特別講師は本校をはじめ、多くの大学・専門学校でも教壇に立つ松永信也先生。松永先生は40歳の時に失明し、現在は様々な学校や施設での講演や研修を行うなど、日々精力的に活動をしていらっしゃいます。

今回生徒たちが学んだのは、視覚障害を持つ方の同行援護について。
目が見えない、見えにくい方が安心して移動できるように同行する技術を学ぶため、学校周辺を実際にアイマスクをしながら歩行しました。

歩くスピードは?声かけのタイミング、内容は?など、安全安心のために様々なことに気を配る必要があります。実際に見えない世界を体験した生徒たちからは「怖かった」「不安だった」という声と共に、「ガイドしてくれる人がいるから安心だった」という感想も出ていました。
なお、生徒たちはこの後「視覚障害者ガイドヘルパー」という資格の取得も目指します。

今回特別講師を務めていただいた松永先生の授業は、6月11日午後のオープンキャンパスでも体験できます。
オープンキャンパスでは校内の移動となりますが、松永先生の講義では知っているようで知らなかった「見えない世界」についての学びが多くあります。
ぜひご参加ください

▶︎オープンキャンパスは5組限定での開催。残席わずかなので、今すぐお申し込みください!