授業

調理実習と花育の授業

2020年 10月22日お知らせ学校の様子授業生活支援技術

1年生の本日は生活支援技術(調理)や京の文化(花育)などの授業が行われました。
調理実習では、様々なおかゆを食べ比べました。

もっとも潰したおかゆはもはやノリ状で、生徒たちも渋い顔でしたが、介護職としてこういった経験はとても大切。相手の立場に立った介護をするために、貴重な経験ができました。

生徒に人気の花育では、今回もかわいい花飾りを作りました。
お花の力で笑顔満開の生徒たちは、それぞれに可愛くお花を飾っていました

1年生 京の文化「花育」

2020年 10月8日お知らせスクールライフ学校の様子授業

1年生「京の文化」の授業では、生徒に人気の【花育】を行いました。

介護の現場ではお花や緑はとても大切。ちょっとした花飾りを作って、きれいに飾るだけで、気分が明るくなります!

生徒たちもキレイなお花を可愛く飾って、とても楽しそうでした

生活支援技術

2020年 10月3日学校の様子実習授業

教科:生活支援技術B(入浴実習)

お風呂は気持ちを安らかにしたり、体の血行を良くすることができますね。
今日は「入浴実習」です。

 

要介護度に合わせた入浴実習を学びます。
①シャワー浴
②家庭浴
③機械浴

福祉セラピー

スクールライフ授業

教科:福祉セラピーB(音楽療法)

京都福祉専門学校独自の教科である「福祉セラピーA・B」
本日は(音楽療法)授業
本校3階の講堂で実施

高齢者や障害者の方が音楽(ダンス)を通じて毎日いきいきと生活するために、生徒達は楽しみながら学んでいます。

福祉セラピー授業には他に「アニマルセラピー」「化粧療法」「アロマセラピー」「園芸療法」「アニマルセラピー」「介護予防」を取り入れています。

実習報告会(1年生)

2020年 9月15日スクールライフ学校の様子実習授業

本日、初めての施設実習を終えた1年生が、恒例の【実習報告会】を行いました!
生徒も先生方も真剣な表情で、たいへん有意義な報告会となりました

ひと回りもふた回りも成長した生徒たち、とても頼もしく心強いです!!
ありがとうございました

1年生 施設実習 帰校日

2020年 9月4日オープンキャンパスお知らせ学校の様子授業

 

 

 


2週間の施設実習に行っている1年生が、帰校日で学校に戻ってきました。
先生の指導の下で実習ノートやカンファレンスの資料作成などに取り組んでいました。

施設実習は残り半分。疲れの出てくる頃ですが、生徒たちはみんな頑張っています!


実習では新型コロナ対策をしっかり行なっています。
このような時期にもかかわらず、生徒たちの実習を受け入れてくださった実習先施設の皆様、誠にありがとうございます。

生活支援技術

2020年 8月21日スクールライフ学校の様子実習授業生活支援技術

教科:生活支援技術A 実技試験を実施

1年生「杖を使った移動介助」

 

 

教科:生活支援技術C 実技試験を実施

2年生「シーツ交換」



全国的な新型コロナウイルス感染拡大により前期授業が大幅に遅れ、本日の実技試験となりました。

生徒達は緊張した面持ちで試験に臨んでいます。
本校の生徒は現場施設から高い評価を受けております
日々の練習の成果を発揮し、自分の能力を引き上げてくれることを望んでいます。

学科試験は来週から実施されます。
気を緩めずに
集中力が大切ですよ

昭和・平成 ふれあい

2020年 8月5日スクールライフ学校の様子授業

教科:「介護の基本Ⅰ」

 1年生は「昭和・平成」の出来事をまとめました。
企画・立案から発表までグループに分かれ実行。
就職したときは必ず役に立つことと思います。
 この積み重ねが介護福祉士として大切になってきます。

 

 

人間の尊厳と自立

スクールライフ学校の様子授業

教科:「人間の尊厳と自立」

卒業14期生(ビハーラ十条)の井手駿介さんに来校いただき、施設で人権に取り組まれた事例を発表していただきました。
利用者さまが発する言葉において食事をされなくなった原因は何故そうなったのかを生徒がグループに分かれ、それぞれ考えを出し合った。
 しかし、実は食事を食べられなくなったのは、その発した言葉でなかったことに気付く事例であった。

 井手さんは後輩に「言葉だけに捉われることなく、その方が何を望んでおられたのか、別の視点や客観的に捉え生活歴からもっと深く考えることで本人が望む真の思いに気付けるのだ」ということを知って欲しいと。
深く考えることの大切さは、その人を尊重することから始まることを伝えていただきました。

障害の理解(視覚障害)

2020年 7月21日スクールライフ学校の様子授業生活支援技術

領域【こころとからだのしくみ】教科[(障害の理解(視覚障害)]

松永伸也先生による毎年恒例のアイマスクと白杖を使った校外授業を実施

 

 

今日は梅雨の間の晴天でかなり暑かったですね
1年生は初めての学外体験です。
みんな緊張した面持ちで学校を出発し、無事に戻ってきました。
見えないということが、いかに怖い・不安ということが分かったことと思います。

相手の気持ちに立って考えることや、介助してもらっている相手を信頼することの大切さを身をもって感じたことと思います。