スマイルブログ

welカムfareありがとうございました♪

お知らせ

2015年 11月2日

10月31日(土)welカムfare
北関東・東北の豪雨災害募金は15,232円集まりました。また来年も開催できるように皆様の協力とともに頑張れるよう準備していきたいと思います。

2015-10-31 15.48.54

2015-10-31 10.25.04 2015-10-31 10.26.50

2015-10-31 12.20.42 2015-10-30 14.13.01  2015-10-31 10.25.35 2015-10-31 10.25.58 2015-10-31 10.26.40 2015-10-31 10.27.41

投稿日:2015年 11月2日

welカムfare特集①

お知らせ

Welカムfare特別講演①
開校20周年記念講演「老人を地域で生かすケア」というテーマでNPO法人「みんなの家」代表の奥田俊夫さんにお越しいただきました。奥田さんは40歳で京都福祉専門学校に入学され介護福祉士取得後、静岡県で一番の高齢化率を誇る西伊豆町で通所介護施設「みんなの家」を創設されました。高齢者の多くが農業と漁業に従事され、近所付き合いが残るこの地で奥田さんは高齢者の社会参加と活動、維持と回復に重点を置く活動の一環で、お年寄りの苦労話を聞き“人生紙芝居”をつくり誕生日にご本人や地元小学校で発表された後にプレゼントされています。戦争体験など“マイナスの人生”を“伝える使命”に変える事が高齢者にとって生きがいとなります。今年は戦後70年、戦争経験者の多くは亡くなり要介護化しています。戦争は若くて強い有能な人を重んじ、老人や障がい者を切り捨ててきたので福祉の対極に位置します。老人介護の現場こそ、戦争体験の伝承を担うべきでは?と奥田さんは講演を締め括られました。

2015-10-31 11.02.24-2

Welカムfare特別講演②
認知症サポーター講座が行われました。講師として「認知症の人と家族の会」から代表の荒牧敦子先生と新保博先生「北宇治地域包括支援センター」代表の森下 良亮先生にお越しいただきました。認知症とは超高齢社会へ突き進む日本にとって深刻な問題で、85歳以上であれば4人に1人症例があると言われています。 決して自分だけは大丈夫というものではありません。実際に認知症を患うとご本人は「何かおかしいな」と不安と同時に苦しみ悲しみを感じられています。そこ へ家族や地域の人間が認知症を理解して優しく包み込み、誰もがさりげなく「人間杖」になって援助する社会が望まれます。この日はパネラーとして新保先生が 受講者の様々な疑問や質問に答えていただき中身の濃い講演会になりました。特に介護福祉士は人としての尊厳を大切にして更に理解を深める必要があります。 今日の講演の終わりに受講者全員が認知症サポーターの証であるオレンジリングをいただきました。

2015-10-31 14.08.10 2015-10-31 14.08.14 2015-10-31 14.08.54 IMG_1329

Welカムfare~老人食体験~
本校の生活支援技術の調理実習担当、講師の石田二三代先生と学生スタッフが参加者と一緒に老人食の調理・食事体験が行われました。献立は①ご飯②豆腐入り ハンバーグきのこソース③キャベツと人参のサラダ④カボチャのスープ⑤フルーツヨーグルトでした。ハンバーグには豆腐とひじきが入っていてとてもヘルシー で、御爺さんとお孫さんの参加者にも美味しく召し上がっていただけました。♪もちろん、ご飯はスキムミルク入りの栄養満点ご飯です。

2015-10-31 12.33.54 2015-10-31 12.34.03 2015-10-31 12.34.11 2015-10-31 12.22.40

投稿日:2015年 11月2日

明日はWelカムFare!!

お知らせ

2015年 10月30日

本校では、10月31日(土)、『Welカムfare』という感謝祭を開催します。

2015-10-30 11.01.41

この祭は、「日頃お世話になっている近隣の方や施設の方々へ感謝の気持ちを形にする」とう主旨で開催します。学生が主体となり本番ぎりぎりまで作業を進めてきました。

2015-10-30 12.02.09 2015-10-30 12.01.11 2015-10-30 11.02.23 2015-10-30 12.02.12

《日 時 》 2015年10月31日(土)10:00~15:00

《内容》
模擬店(おもてなしカフェ 綿菓子 菓子パン ※老人食体験)
卒業生20周年記念講演 認知症サポーター講座
ボッチャ(障害者スポーツ)昭和の展示と遊び コンサート

※数量限定。

 

《場所》 京都福祉専門学校(宇治市小倉町春日森25番地)

投稿日:2015年 10月30日

生活支援技術~調理③~

生活支援技術

2015年 10月29日

10月29日(木)生活支援技術
本日3回目の調理実習が行われました。

2015-10-29 14.18.35 2015-10-29 14.18.14 2015-10-29 14.39.31 2015-10-29 14.21.03

献立は

2015-10-29 14.38.59

①ご飯

②煮魚

③キャベツとにんじんのゴマ酢和え

④さつま芋と玉ねぎの味噌汁

⑤ブラマンジェのフルーツソース

 

今回の①ご飯には若い人に比べて乳製品を摂取することに慣れておられない高齢者に対して違和感なく食べてもらう工夫としてスキムミルクを混ぜています。見た目や素材の味はもちろん、乳製品を意識させないレシピは石田先生の神髄ですね。

投稿日:2015年 10月29日

1、2年合同人権学習

お知らせ

2015年 10月26日

10月26日(月)1、2年合同人権学習
「ヘン」な人と共に~積極的な平和の実現~というテーマで日本キリスト教団上鳥羽教会牧師の月下星志さんにお越しいただきました。

2015-10-26 11.15.36

日本社会は同じ考えを持つ者と行動することに安心感を持ち、人と違う意見を述べ「ヘン」と思われることに不安を感じ、「ヘン」と思った人との間に壁をつくる傾向にあります。
人種や国籍の違い、障害者やホームレスの方々を知ろうとせずに壁をつくるのではなく、月下さんは“バザールカフェ”で在日外国人などの“社会的マイノリティ”と呼ばれる方々に雇用を提供したり、京都夜回りというホームレスの方々に声掛け活動をされています。
月下さんは「ホームレス?ハウスレス?」を例に講義を進められました。簡易宿泊所の斡旋を受けても、以前のコミュニティーが懐かしくなり元の場所に舞い戻るホームレス。家や仕事があっても悩んだ末に自死されるサラリーマン。両者が必要だったのは人から関心を持たれ、何でも話せる安らぎのある場所“ハウス”ではなく“ホーム”だったのです。あなたも「ヘン」という壁を取っ払うところからはじめませんか?

投稿日:2015年 10月26日

生活支援技術~入浴介助~

生活支援技術

2015年 10月23日

10月23日(金)生活支援技術~入浴介助~1年生は全員水着に着替えて入浴体験(男女別々)を行いました。

2015-10-23 11.43.00

介護福祉士として利用者さんの健康状態を常に考え、プライバシーを配慮して安全で楽しい入浴環境をつくるのは当たり前ですが、利用者さんにとっては遠慮や羞恥心が付きまといます。利用者さんの目線に立って友人と交互に特殊入浴装置やシャワー介助を体験をしました。

2015-10-23 11.42.20 2015-10-23 11.41.04

入浴装置を体験した学生は「お湯に浸かると浮力が生じ自身の体が不安定になり怖かった。お湯が引くと体にかけられていたタオルが重くのしかかり思った以上に体に負担が大きい」と感じてました。IMG_0504

今日の体験をいかして立派な介護福祉士になってくださいね!

投稿日:2015年 10月23日

生活支援技術~調理②~

生活支援技術

2015年 10月22日

10月22日(木)生活支援技術
講師の石田二三代先生の生活支援技術は高齢者にやさしい食事づくりも今日で2回目です。

     2015-10-22 14.18.022015-10-22 14.22.58

お米を30分前から水に浸して、食材の筋や余分なモノを取り除く下 処理の甲斐があり美味しく出来上がりました。

2015-10-22 14.23.32 2015-10-22 14.16.55 2015-10-22 14.17.26

献立は

2015-10-22 14.52.13

①全粥

②とりのささみあんかけ

③にんじんのたらこ和え

④かき卵汁です。

投稿日:2015年 10月22日

医療的ケア実技試験~気管カニューレ内部吸引~

お知らせ

10月22日(木)医療的ケア~気管カニューレ内部吸引~
2年生の医療的ケアは気管カニューレ内部吸引の実技試験が行われました。

2015-10-22 09.47.46 2015-10-22 09.38.30 2015-10-22 09.48.50

呼吸困難の利用者さんは負担を和らげるために気管の前を開窓して気管カニューレを装着されています。気管カニューレの吸引は今までの口腔内・鼻腔内吸引以上に感染症のリスクが高く、機器や吸引チューブのメンテナンスも洗浄水ではなく、滅菌精製水を使います。

2015-10-22 09.48.31

もし誤って奥まで吸引すると神経を傷つけしまう危険性があるので医師からチューブ挿入の長さや、吸引時間などしっかり指示を受けて行うことが大切です。

 2015-10-22 09.38.36 2015-10-22 09.46.14

実技試験を何度もすることで吸引や観察が苦手だった学生もスムーズに行えるようになり、自ら間違いに気付きリカバーする成長した姿に試験官の先生は感動していました。

投稿日:2015年 10月22日

第2回 福祉用具展示会 in 伏見

お知らせ

2015年 10月20日

10月20日(火)2年生社会福祉経営学の授業は講師の河合悟先生引率で京都市伏見区役所で開催されている福祉用具展示会へ見学に行しました。

2015-10-20 13.57.192015-10-20 14.00.482015-10-20 13.59.352015-10-20 14.00.34 

会場には新製品や市販前の用具 がたくさん集められ、2年生は施設実習を重ねているので新しい福祉用具に関する興味が強く「現場にあれば助かる」といった声が多く聞けました。

 2015-10-20 14.01.542015-10-20 14.17.43 2015-10-20 14.01.41 

実際に電動アシストの車椅子や電動カー、歩行機などはパワーを追求するだけでなく、下り坂ではブレーキ制御やグリップにはセンサーが埋め込まれるなど転倒 を防ぐ機能に学生たちは感動してました!

2015-10-20 14.09.17

福祉用具には日本のハイテク技術が使われており、軽量化はもちろん介護者の負担を和らげたり、利用者の自立を助け る機能が満載!まさに、相手を思いやる気持ちが開発の原動力になっていると感じました。

 IMG_1285 IMG_1288 2015-10-20 14.11.41

値段はまだまだ高く、介護保険適用外の用具がたくさんありました が、実用化されると介護の現場は様変わりすることでしょう。

投稿日:2015年 10月20日

オープンキャンパス参加ありがとうございました。

オープンキャンパス

2015年 10月19日

10月18日(日)オープンキャンパスは無理をしない介護~ボディメカニクス~ということで本校の山崎ゆかり先生の体験授業が行われました。

2015-10-18 10.49.40

ボディメカニズムとは体の力学ということです。介護を するうえでこれらの力学的相互関係を理解することが介護者と利用者がお互いに楽に安全になります。

2015-10-18 11.08.13 2015-10-18 11.10.17 2015-10-18 11.08.27

利用者が仰臥位(上を向いて寝た姿)だと支持面が広 く安定していますが、いざ、起き上がってもらおうとすると介護者は動かしにくく腰痛を患う可能性だってあります。しかし、利用者さんが腕を組んでもらった り足を立ててもらい支持面を小さくしてもらうことにより介護が楽になります。言葉では難しいですが実際に身体の骨格や筋肉、内臓の位置関係を理解しながら 学びました。

投稿日:2015年 10月19日

  • 学費サポート
  • ショートオーキャン
  • 文部科学大臣認定 福祉分野.職業実践専門課程認定校
  • LINE@ 京都福祉専門学校公式アカウント
  • twitter
  • facebook
  • instagram
  • 学校見学
  • 留学生募集